本文へジャンプ

YAM・DL  【ヤム・ディーエル一級建築士事務所】



CASE1 注文住宅・家創り
CASE2 リノベーションして暮らす
CASE3 土地有効活用
CASE4 お店づくり
top
information
flow chart
works
link
contact
CASE1 注文住宅・家創り

【家を創って暮らす・・・オンリーワンの家創り】
衣服や食、グッズやファニチャーなど、こだわりや好みを持っている人は多くいることでしょう。
それは、住まい(家創り)に対しても同様だと思います。
暮らし(住まい方)を家にあわせるのではなく、こだわりを持ち、好みにあった暮らし(住まい方)をする。
自分達のスタイルにあった暮らし(住まい方)をする大切さ。家族で集うもよし、一人でくつろぐのもいいかもしれません。
YAM・DLでは、そのような家族の暮らしにあった家創りのセッション(共演)をしたいと考えています。

【風景を創る】
家というのは機能面を満たしていれば成立するのかもしれません。
我々は機能面は当然として、心地よい空間を創るということを考えています。
しかしながら、一言で心地よい空間と言っても感じ方は人によって異なります。
「やさしい和モダンのような空間」が心地よいと感じる人もいれば、「クールなモダン空間」が心地よいと感じる人もいます。
「明るく開放的な空間」が心地よいと感じる人もいれば、「明るすぎず暗すぎずな空間」が心地よいと感じる人もいます。
或いは、「○○のような・・・」といった「家らしくない空間」が心地よいと感じる人もいるでしょう。
YAM・DLでは、風景となるような(俗に言う、絵になるような)住空間の創出も大切だと考えています。
住まいの内部空間や外部空間(外観・外構)をデザインする際、「風景を創る」という思いをもって取り組んでいます。

【環境・・・光と風そしてプライバシー】
場所によって敷地環境(ロケーション)は様々です。
見晴らしの良い場所、そうではない囲われた場所。
如何なる場所であっても、住空間に於いて光と風やプライバシーは重要な要素です。
開口部(窓)の位置やサイズを工夫することにより、
そのすべてを満足させることは可能だと思います。
目線を通す部位と遮る部位をつくり、
取り込むべき光と遮るべき光(直射日光)を選別する。
そして風の通り道をつくりだす。
基本的なことですが、心地よく暮らす家を創る上で大切な要素だと考えています。


【素材・・・自然素材・天然素材】
シックハウス症候群で悩む人が増え、近年加工材料の改良も進んではきています。
とは言え我々は、住まい(家創り)の場合、有害物質の少ない自然素材を極力用いたいと考えています。
自然素材のもつ手ざわり感(肌触り)やその空気感は心地よく暮らす上で大切な要素だと考えているからです。
加えて無垢の床材や漆喰・珪藻土などの塗り壁には、体にやさしい材料というだけではなく調湿効果もあります。
それは、日本の風土を考えると適している材料と言えるかもしれません。
当たり前のことですが、住まい(家)や材料は時間経過と共に少なからず劣化していきます。
その際、自然素材(天然素材)は単なる劣化でなく、そこに「味わい深さや風合い」を生み出すと感じています。
YAM・DLでは、「人が素敵に歳をとるように、住まい(家)も歳月を重ねてほしい」
「味わい深く、愛着をもって暮らす住まい(家創り)を」、そのような思いをもって家創りに取り組んでいます。
住まい全体に自然素材(天然素材)を用いるのが難しい場合もあるかもしれません。
その場合、少し部位であっても自然素材(天然素材)をお勧めしています。

■土地購入検討中でこの場所は気に入っているがどんな家建てれるのだろうかetc・・・土地探しの段階でお悩みの方
  家創りをお考えの方、お気軽にご相談下さい。丁寧かつ適切にアドバイスをさせて頂いております。
  尚、設計・工事の進め方及び設計料に関しては「fiow chart」ページをご覧ください。
主に関西圏・大阪府下・兵庫県下・京都府下・奈良県下・和歌山県下・滋賀県下にて設計デザイン活動中。
注文住宅|家づくり|すまいづくり|暮らし方|空間デザイン|住宅設計|自然素材・天然素材|光・風・プライバシー|
@ YAM・DL all right reserved