flowchart

一般的な設計・工事監理業務の流れは、以下のようになります。

1. オリエンテーション【無料相談】

まずはメールにてお問合せください。

ご計画内容(ご希望・計画予定地・予算など)や、ご質問などあればお聞かせください。
ご質問への回答やご計画内容へのアドバイス・簡易なコンサルティングを行わせて頂きます。

複数の土地でお悩みの場合や、土地情報のご提供も可能ですので具体的な計画地が未定な場合のお問合せでも大丈夫です。
この段階では費用は発生しませんのでお気軽にお問合せください。

 

2. デザインプレゼンテーション・土地診断【有料】

オリエンテーション後、ご希望であればデザインイメージやプラン(基本計画案)をご提案させて頂きます。
土地診断(*1)の場合、ボリュームプランをご提示させて頂きます。

有料にて作成させて頂いておりますが、設計監理業務委託契約締結に至った場合、設計監理料に充当させて頂きます。
お支払いは前金制とさせて頂いております。


  • 基本計画案作成費用:税別 10万円~ (金額は用途や規模に応じて変動しますので詳細は個別にお伝えさせて頂いております) 
  • 土地診断費用:税別 7万円 (但し、都市計画法の開発許可が適用される場合は個別相談とさせて頂いております)
  • 改修や用途変更の場合、現況劣化確認や既存法適合確認など別途調査費用が必要となる場合があります。
  • プラン作成にあたり敷地の面積や形状がわかる資料(敷地丈量図・敷地実測図)が必要になります。
    お手元に無い段階でのご相談場合は、計画地の地図と敷地面積情報のみでも構いませんが、計画の精度が粗くなりますので資料が整った段階で再度プランの作成や調整することをお勧めします。
  • *1)土地診断とは、土地に対してどの程度の規模の建物が建設可能かなどの調査・検証・チェックのことを指します。


3. ご提案~設計監理業務委託契約書締結

ご提案を気に入り次のステップに進めてよろしければ、設計監理業務委託契約書を締結して頂きます。

設計監理業務委託契約締結に先立ち、重要事項説明として、設計監理料の金額・お支払時期・基本設計や実施設計の成果物リスト・設計スケジュール・ご準備ご手配頂きたい資料などをご説明させて頂きます。


  • 設計監理料については、設計内容に応じて算出基準を設けております。
    【建築設計(戸建住宅以外):工事費に対する料率掛け計算、但し最低金額設定があります】
    【戸建住宅設計や内装設計改修設計:計画面積に対する単価掛け計算+構造設計費用+申請代行費用、但し最低金額設定があります】
    【既存建物調査や用途変更申請を伴う改修設計及び設計変更作業にかかる費用など:国土交通省が定める技術者単価に基づく人工掛け計算】
  • 設計監理料のお支払い時期は、業務の進捗状況にあわせて最大6回に分けさせて頂いております。
    【業務開始時(契約時)・実施設計開始時(完了時)・確認申請提出時・確認申請受領時(着工時)・工事中間時・工事完成時】
    但し、工事規模が小さくなるに従い、設計及び許認可手続きに要する期間や工事期間も短くなりますので、区分数は少なくなっていきます。
    【支払い金額の配分は等分ではなく比率基準を設けてております】
  • 設計監理料やお支払時期は、用途・規模・構造種別に応じて変動しますので、詳細は個別にお伝えさせて頂いております。

 

ご提案がお気に召さない場合は、この段階でキャンセルをお受けしております。
但し、基本計画案等の作成費用は返却致しかねますのでご了承ください。
また、著作権法によりご提案させて頂きましたラフプランの流用はご遠慮頂いております。

 

4. 基本設計

デザインプレゼンテーション案(基本計画案)をベースに、打合せを複数回行い、デザインや仕様など計画内容を練り上げていきます。

 

  • 新築工事の場合、基本設計を開始するにあたり敷地丈量図(敷地実測図)・現況測量図(高低レベル含む)・境界確定が必要になります。
    通常は建て主側でご準備頂いておりますが、困難な場合は測量登記事務所をご紹介させて頂いております。


5. 実施設計

基本設計をベースに、更にデザインや納まりを検討し、構造や設備の詳細設計・工事や積算に必要になる詳細図面の作成を行います。

 

  • 新築工事の場合、実施設計を開始するにあたり地盤調査が必要になります。
    地盤調査会社はご紹介させて頂くことが多いですが、お心当たりがございましたら建て主のお知り合いの方でも構いません。


6. 工事請負契約書締結のサポート

建て主の代行として、工事施工業者へ見積依頼・見積書の確認などを行います。
提示された見積金額でよろしければ、建て主と工事施工業者にて工事請負契約を締結して頂きます。


7. 建築確認申請・その他許認可手続きの代行(代理申請)

建て主の代行(代理)として、建築確認申請を作成し行政に申請手続きを行います。
審査を無事終えれば工事着手となります。

 

  • 申請手数料が別途必要になります。
    申請の提出先や具体的な金額は重要事項説明時にご説明を致します。
  • 建築確認申請以外の許認可申請手続きが必要になる場合があります。
    重要事項説明時に今回どのような手続きが必要になるかも合わせてご説明を致します。


8. 工事監理

工事施工業者と定期的に打合せを行い、設計意図を細かく伝え設計図書の通りに工事を進めていけるように指示・助言・確認を行います。
スケジュールの遅れの有無や工事施工状況・精度も随時検査確認し、問題がある場合は是正指示や助言を行います。
行政などの検査審査機関が行う中間検査の立会も行います。


9. 竣工引渡し

工事が完成すると、施工業者による完了検査・設計事務所による完了検査・建て主による完了検査を行い問題点を是正したのち、新築工事の場合は加えて行政による完了検査の合格後にお引渡しとなります。

 

10. アフター対応

お引き渡し後のメンテナンス等に関するご相談もお聞きしております。